判断

商標登録の類否判断

商標登録の際に問題になるのは同じ指定商品・指定役務の範囲に他人の登録商標があるかないか、です。もし先行する他人の登録商標があれば出願しても登録を受けることができないからです。商標登録を受けることができ……

登録商標の類否判断

商標の類否判断は、外観、称呼および観念の要素から判断されます。既に登録されている商標と同じか似ている商標は、同じか似ている商品・サービス範囲では商標登録を受けることができません。

マスコミの取材はお気軽にどうぞ

マスコミの方からの取材も募集しています。

民放キー局、NHK、新聞雑誌ラジオの取材多数。
取材、 執筆のご依頼、 ご相談はお気軽にお問い合わせください。