無効審判

商標登録の異議申立と無効審判の違い

商標法では商標登録後であってもその登録を取り消したり無効にしたりする手続きが定められています。特許庁の判断に誤りがあったり、何らかの間違いがあって登録されたりしたものを放置しておくのは具合が悪いからで……

商標登録に対する異議申立と無効審判

商標登録により発生する商標権は強大な威力を持つため、他人がこちらに関連する商標権を取得した場合、今後の事業展開が困難になる場合があります。他人の商標登録に不服がある場合には、異議申立制度と無効審判制度……

商標登録を阻止する方法

特許庁に商標登録出願を行うことにより商標登録を受けることができます。しかしながら場合によっては他人がした商標登録出願に問題がある場合もあります。そのまま放置した場合にはもしかすると商標登録され、商標権……

商標登録の阻止

第三者の商標登録を阻止する方法として、特許庁に情報提供をする方法があります。情報提供された内容を特許庁の審査官は必ず見るという訳ではありません。情報提供が不発に終わった場合には異議申立、無効審判等の請……

他人の商標登録に異議あり

特許庁のした商標登録に異議がある場合には異議申立の手続きを行うことができます。また審査段階では情報提供を行うことができます。異議申立期間が過ぎた場合には無効審判を請求することも可能です。

マスコミの取材はお気軽にどうぞ

マスコミの方からの取材も募集しています。

民放キー局、NHK、新聞雑誌ラジオの取材多数。
取材、 執筆のご依頼、 ご相談はお気軽にお問い合わせください。